街の法律家・杉並区の司法書士なら「リーガルコネクト」

ローン完済の登記

いわゆる「抵当権抹消登記」というものです。金融機関からのローンを完済した場合、金融機関が設定していた貴方の不動産の抵当権(売買関連登記のページへリンク)を消すことができるようになります。抵当権の登記が入ったままだと、その不動産の価値は低く評価されてしまいます。ローン完済したら、抵当権の登記はすぐに消しましょう。最も簡単な登記申請の一つで、金融機関から送付される書類があれば、一般の方でも法務局相談やインターネット情報等を活用してご自分で申請可能です。お忙しく時間の取れない方はご利用ください。

なお、完済前に引越しをしている場合には、抵当権抹消登記の前に引越しの登記が必要になります。

抵当権の抹消

不動産を購入する際などにローン契約を結んだ銀行に設定されている「抵当権」。
弁済が滞った暁にはその不動産を売り飛ばしてしまうぞ、という恐ろしい権利です。ですが、ローンが完済されれば抵当権は当然お役御免。銀行は抵当権の抹消を認めてくれます。

抹消登記は自己責任?

抵当権を設定するとき(ローン契約を結ぶとき)には全ての登記手続は銀行側が行います。抵当権の設定が失敗したら大変なことになるからです。
ところが、抵当権が消滅したときの抹消登記手続きは、銀行側が行うことはあまりありません。銀行としては、抹消登記が失敗しても痛くも痒くもないのです。
完済した借主さんには、抹消登記に必要な書面をポンと渡しておしまい、というケースが多いのです。この場合、借主さんは、完済して抵当権が消滅したことを登記するために自分で動かなければなりません。

抵当権抹消登記にかかる費用

(実費)・登録免許税 ⇒ 不動産の個数×1,000円

(報酬)13,000円

※不動産2件まで同一料金。抹消する抵当権の対象不動産数によって若干変動します。お問合せください。

≪ご依頼例≫

  • (1)土地一筆、建物一棟に設定された抵当権の抹消のご依頼の場合
  • (2)報酬1万円、登録免除税2,000円
  • (3)登記事項証明書取得1,000円(実費込み)
合計13,000円

※抹消する抵当権の対象不動産数によって若干変動します。お問合せください。
※報酬には消費税がかかります。

注意点

銀行に合併があった場合や、お客様の住所が登記した時から変わっているような場合には、登記費用が増加する可能性があります。詳細なお見積りについてはお問合せください。

業務内容

ページトップへ